印刷工房エシカ

エシカルのイロハ

ethicaができるまで(2)一色印刷へのこだわり

当ブログでは

ノベルティ専門印刷工房エシカ」のサイトにまつわるお話を、定期的に投稿します。

 

第2回は、前回に引き続き

ethicaの立ち上げエピソードについてお送りします。

 

 

 

▽前回の記事はこちら

ethica-kp.hatenablog.com

 

 

 

…… こだわりの製品開発 ……

 

 

 

サイト名がethica(エシカ)に決まり、

「おしゃれで、使えて、エシカルで。」をテーマに、

サイトのコンテンツづくりが始まりました。

 

 

 

このとき、

近藤印刷ではホームページを4つ運営しており、

取り扱う製品も数十種を超えていました。

 

 

 

そこで、当時の主力製品とは

一風違うおもむきを持った、

こだわりのラインナップを準備しようと、

製品開発への取り組みが始まります。

 

 

 

当時のミーティング議事録

 

 

 

…… 一色印刷 ……

 

 

 

多く流通するフルカラー印刷とは

あえて逆を行く一色印刷。

 

 

 

フルカラー印刷が多く行われる工場の作業工程において、

一色印刷は、別工程で行う必要があり、

じつは手間や時間がかかる製品なのです。

 

 

 

意外に思われるかもしれませんが、

色数が少ないからラク

というわけではないのです。

 

 

 

そんな一色印刷ですが、

特殊紙と組み合わせると、

美しさがひときわ引き立ちます。

 

 

 

ethica製品 カード(白一色印刷)

 

 

 

手間がかかる製品だからこそ、

希少価値が生まれて、

捨てられにくいノベルティになるはず。

 

 

 

そんな考えのもと、

ethicaは一色印刷にこだわりました。

 

 

 

ethica HP 印刷色の項目



 

いまや印刷技術自体への希少価値は薄れ、

「紙への印刷で、今までにない価値を生み出す」ことは

容易ではなくなっています。

 

 

 

ethicaでは、

こだわりの素材と、一色に特化した印刷とで、

捨てられにくく、大切にしてもらえる

ノベルティづくりを実現します。

 

 

 

ethical-print.jp

 

 

 

 

ethicaができるまで(1)


当ブログでは

ノベルティ専門印刷工房エシカ」のサイトにまつわるお話を、定期的に投稿します。

 

第1回の今回は、

ethicaの立ち上げエピソードについてお送りします。

 

 

 

……2020年……

 



新型コロナウイルス感染症拡大により、

近藤印刷社内では、今後の新ビジネスモデル策定が急がれました。

社内・外のメンバーで複数のプロジェクトチームを結成し、

長年のノウハウを活かした活動が行われつつありました。

 



このころ、近藤印刷が運営するホームページは4つ。

近藤印刷のメインホームページに加え、

同人向けのクリア工房、しおり専門の栞屋に、ECサイトのtotte。

どのサイトも、弊社が長年生産してきた

主力商品を前面に押し出した、こだわりのページたちです。

 



そのとき、商品企画チームで、このような意見が挙がりました。

 

 


「従来の主力商品を避けたラインナップで、サイトを1つ立ち上げてみないか」

 

 

弊社が得意としてきたクリア素材への印刷や、しおりの受注生産。

れらのフィールドからあえて離れて、

新たなジャンルの商品を取り揃えたサイトを設立しようと、

チームメンバーでのアイディア出しが日々行われます。

 

当時、サイト名称の候補は40案ほどありました

 

 



……2021年……

 

 


多数のアイディアの中から、いくつかの軸となるものが現れ始めます。

環境に良いもの、

職人ワザが活きるもの、

おしゃれで、かつ、かわいさもあるもの……。

アイディアメモの中で、

ナチュラル」や「工房」といったフレーズが、枝葉を伴っていきます。

 

 

 

ところで、配付用ノベルティを多く生産する弊社で、

よく揶揄されることのひとつに、

すぐにいらなくなり、ごみとして捨てられるものを、

大量生産するのは良いことなのか」というものがありました。

 

 

 

そこで、新サイトでは、

「捨てられてしまうモノは作らない」

「こだわりの素材と、想いとストーリーを、お客様と一緒に作っていく」

という強い思いを持って、選りすぐりの製品を提供することに決めました。

 

 


このとき、サイト名がひとつに決定します。

英語で「倫理的」「道徳上」という意味の形容詞である、

ethicalからとって、ethica(エシカ)。

「おしゃれで、使えて、エシカルで。」をテーマに、

サイトのコンテンツづくりが始まります。

 

2021年当時のサイトイメージ画像

 

 

ノートは現在の商品ラインナップに反映されています





つづく




ethicaの自己紹介

 

エシカは近藤印刷という小さな印刷会社から生まれた

ノベルティ専門の印刷工房です。

ノベルティとは商品の宣伝などを目的に、

たくさんの人に配られるもの。

 

でも、せっかく作ったノベルティも、

その多くは捨てられてしまうのが現実です。

 

それは、多くの人たちは「ムダなモノはイラナイ」そう思っているからです。

私たちは印刷会社として捨てられてしまうモノを作ることに、

ずっとモヤモヤした気持ちを抱いていました。

そして、そんなモヤモヤした気持ちのなかから生まれたのがエシカです。

 

 

f:id:ethica_kp:20220203144126j:plain

 

 

…… ethicaの理念 ……

 

「おしゃれで、使えて、エシカルで。」

これがエシカのコンセプトです。

私たちはイラナイモノ、捨てられてしまうモノは作りません。

ひとつひとつ選び抜かれたこだわりの素材を用いて、

ひとつひとつにエシカルな想いとストーリーを込めて、

大切に使いたくなるギフトのようなノベルティをお客様と一緒にお作りします。

 

 

f:id:ethica_kp:20220203144142j:plain

f:id:ethica_kp:20220203144128j:plain

 

 

 

…… 職人の手によって ……

 

エシカを運営している近藤印刷は昭和29年に創業した老舗の印刷会社です。

印刷物を美しく仕上げ、思い描いたとおりに再現するためには

素材とインクの相性を考えたり、インクのノリを確認したり、

色濃度を調整したり、くすみやズレを抑えたり、

さまざまな職人の経験や技が必要です。

エシカのノベルティ

近藤印刷で長年に渡り印刷や加工を手掛けてきた

熟練の職人がひとつひとつ丁寧に心を込めてお作りします。

 

 

f:id:ethica_kp:20220203144145j:plain





…… ともに、このひとつを ……

 

相談しながらお客様と一緒に

本当に良いモノをつくりたい。

そう思えば思うほど、お客様の悩みは増えるはず。

「どんな素材を選べばいいの?」「どんな加工ができるの?」など、

わからないこともきっとたくさんあるはずです。

エシカはオフラインでのご相談もオンラインでのご相談も受付けています。

本当に良いモノを。そう思うからこそ、お客様と一緒に相談しながらお作りします。

 

f:id:ethica_kp:20220203144138j:plain

 

 

お問い合わせは

こちらのHPより受け付けております。

お気軽にご相談ください。

 

ethical-print.jp